カラオケの上達方法がわからない・・・カラオケ初心者でうまい人と行きづらい・・・     こんな僕が少しでもうまくなろうと右往左往しているブログです。
滑舌について

お久しぶりです。
ゴールデンウィークはちょっと函館まで旅行にいってきました。
YOUTUBEにもアップされてる、イカの踊り食い丼を食べてきましたww

さて、カラオケの話題なんですが、今回は歌を歌う人はだれもが気になっていると思う滑舌について書いていこうかなと思います。

速い曲を歌ったらろれつが回らなくなったり、お経を唱えてるような一本調子になってしまうという悩みを持つ人が結構多いような気がします。こういう人はまだ歌うための筋肉(この場合は表情筋かな)が発達していなかったり、リズムの取り方がよくないんじゃないかなと僕は思います。

まず普通に話す分には別に口だけでぼそぼそ話していてもたぶん言葉がしっかりとしていれば聞き取ってもらえると思います。別に会話に抑揚やリズムはそこまで必要じゃないですしね。

ただ、大きな声で歌うとなったら話は別です。
これは発声の話にも通じるところがあると思うのですが、普通の会話の時のような口の開き方ではほぼ確実にこもってしまったり、言葉がうまく出てこなかったり繋がらなかったり、大きな声がでない・・・と、いろいろと弊害が出てきます。

そこで一ついい参考になる映像を発見したのですが、たしかDAMのPV映像でKANの「愛は勝つ」だったかな?この映像で本人が顔芸かっていうぐらい口を強調して開いて歌っている映像が見れます。もう極端なぐらい口をカクカク開いて歌ってはりますが、これが結構参考になると思います。

ただ歌い初めの人がいきなり口を開いて歌おうとしてもなかなかうまくいかないと思います。
はじめに書きましたがこのあたりをつかさどる表情筋が発達していないと、思うように口が動かない&歌えないということですね。
やっぱり日々の地道な練習がものをいうのだと思います。

そういうことで、最初は違和感があってもいいので、あくまで練習と割り切って、口をはっきり開けて滑舌と音の流れをチェックしながらカクカク歌ってみることをおすすめします。反対に初めからビジュアル系のような歌い方、言葉を曖昧にしたような歌い方は僕はおすすめしません。

確かにああいう歌い方はカッコよくて憧れるのはわかるのですが、基本ができていないうちからやると、高確率で鼻声、何を言っているのか聞き取りにくいという弊害を生むことになり、しかもそれが癖になると厄介です。
やっぱり最初は大きな声で歌ってもしっかり滑舌が崩れることなく歌えるようになるのが大切かなと思う次第です。

ちなみに僕は「う」の音は苦手で滑舌が崩れやすいですね。
意識はいつもしているんですが、やっぱりまだ音の流れ的に「う」だけが孤立してる感じがします。
奥が深い・・・


あともう一つ、滑舌で僕が思うのは、滑舌とリズムは結構関係しているということです。
例えば、早口言葉でもどこかにアクセントをいれてリズム良く発声すると言いやすくなったりしませんか?
「バスガス爆発」とかだって、「バス、ガス、爆発」と一瞬区切りながらいうと言い間違いも少なく言えるのではないでしょうか。

これはさらに抑揚の部分にも関わってくる気もしますが、どこかで自分なりのアクセントや切り方を覚えておけば、そこを基準にして歌っていけますので、テンポ良く歌えるようになり、滑舌も改善されるように思います。

そういうことで滑舌は歌にとってかなり重要度の高いところなのでしっかりと練習したいところですね。
なんていったって、相手に歌詞を聞き取ってもらえなければ歌じゃなくなりますからww
自分もいつも気にかけてますww

今日はこのへんで。
でわでわ。

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。


テーマ:カラオケ - ジャンル:音楽

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
お久しぶりです。ゴールデンウィークはちょっと函館まで旅行にいってきました。YOUTUBEにもアップされてる、イカの踊り食い丼を食べてきましたwwさて、カラオケの話題なんですが、今回は歌を歌う人はだれもが気になっていると思う滑舌について書いていこうかなと思います?...
2012/05/10(木) 15:32:40 | まとめwoネタ速neo