カラオケの上達方法がわからない・・・カラオケ初心者でうまい人と行きづらい・・・     こんな僕が少しでもうまくなろうと右往左往しているブログです。
カラオケ機の特徴(JOY)

さて、今日はカラオケの機種第2弾 Hyper joy wave の機種について記事を書こうと思います。

まずはどんな外見かというと・・・

本体
じょい

デンモク
デンモク

こちらも会員になればうたスキというコンテンツで遊べます。
これもダムみたいに自分の曲をインターネット上にupしてみんなに聞いてもらったり、自分の履歴や、ランキングが保存されるといったサービスですね。
最近出た最新機種の「JOYSOUND CROSSO」ではさらに違ったサービスもあるそうですが、なにぶん自分はまだ行ったことがないのでわかりませんww

これも詳しくは
JOYSOUND.COMで確認してください。

このJOYのの特徴はというと

・アニソンなどのマイナーな曲がそろっている
・録音が一番気軽にできる
・声質を変える機能がある

といったところでしょうか。

録音はまあヒトカラの時ぐらいしか使わないと思いますが、マイナーな曲がそろっているというところが最大のメリットですね。とりあえずカラオケでアニソン系を歌いたいならJOYを選ぶべきでしょう。

ちなみにアニメソングの各機種の曲数は

DAM 約650曲
JOY 約1100曲
UGA 約500曲


と圧倒的な強さをみせてます。


逆にデメリットは
音質、特にガイドメロディがひどい、時には原曲を無視してつくられている時がある。
アニメの映像がループする。この二つですね。
音質の例で言えば、最近ちょっと有名になった「アンインストール」という曲をDAMとJOYで比べてみればわかります。マジで天地の差ですよ。

音質やPVの質にこだわるならJOYは避けておいたほうが無難です。

ちなみにヒトカラーな僕は音程を確認するときはDAMの精密採点2で・・・気軽に録音したいときはJOYでと言う風に使い分けてますw
みんなでカラオケに行くときは回りがどちらを重視するかで変えますね。

でもさっきも書きましたJOYSOUND CROSSOがでてきて、上記の欠点がどこまで改善されているかが気になりますね。なにぶんまだあんまり広まってなく、近くに導入されている店もないので、いずれ行ってまたレポを書こうと思います。

テーマ:カラオケ - ジャンル:音楽

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック