カラオケの上達方法がわからない・・・カラオケ初心者でうまい人と行きづらい・・・     こんな僕が少しでもうまくなろうと右往左往しているブログです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カラオケで録音をしてみよう その3 空間録音

最近は月日がたつのが早く感じるな・・・

今回は空間録音について書こうと思います。

僕は携帯での録音はしたことがないので、ICレコーダー限定の話になりますがご了承ください。
まあ携帯にも通じるところはあると思いますが。


さて、まあ空間録音はライン録音とは違ってやること自体は簡単です。
歌ってるのを携帯やICレコーダーで録音するだけなんでww

ただ、これはいくつかのコツがありまして、それをしないと音質が悪くなったり、下手すると音割れしたりするので注意が必要です。

まずどんなICレコーダーが必要なのってことなんですが、某掲示板では「ZOOM H4N」 というICレコーダーを勧めています。
でもこれ、36750円するんですよね( ;^ω^)

僕は近くの電気屋に売ってた「OLYMPUS DS 51」ってのを使ってます。値段は安売りセール13000円でした。

これは2年前ぐらいのちょっと古い機種なんですが、正直これでもかなりきれいにとれます。


さて、ICレコーダーを買うときのポイントなんですが、「リニアPCM」「録音レベルの調節」の2つができるかどうかですね。
リニアPCM録音とは、調べてみると、音声などのアナログ信号をデジタルデータに変換する方式の一つと書かれています。
録音する方式がいくらかあって、この「PCM録音」っていうのが一番きれいにとれるってことですね。
これは一万以下ぐらいのレコーダーには搭載されていなかったりするので買うときには注意です。

もうひとつの「録音レベルの調節」なんですが、これは音を録音するときに、音の大きさを調節する機能です。録音するときにここをパラメータを抑えて録音しないと音割れしたりします。
これはだいたいのICレコーダーにはついていると思います。(でも確認はしてください)

上記の二つの機能が搭載されているICレコーダーなら音質にそこまで差が無いように思えますが、まあこだわる人は専門のICレコーダーを買ってください。


さて、次はカラオケボックスでの録音環境のコツなんですが、

まずICレコーダーの各種設定をしなければなりません。
ただ、これは持っているICレコーダーによって結構違うと思いますので、とりあえず僕が使ってるICレコーダーの設定を書きます。

録音方式 リニアPCM
録音レベル マニュアルの5(最高13)
マイク感度 口述
指向性マイク WIDE
ローカットフィルタ なし

こんなところですかね。

録音レベルは初期状態ではオートになっており、そのままで録音すると音割れしました。
マニュアル設定にして音を抑えることでなんとか解決。

ローカットフィルタ(雑音を自動的にカットする機能)をONにするとたまに音が飛びます。よってOFFに。

マイク感度と指向性マイクはいろいろ試した結果これが一番自分的によかったです。


あとカラオケではテーブルにICレコーダーを置いて録音するんですが、スピーカーからは遠いところに置いてます。
あまり近くにするとやっぱり音割れしたり、音がぼやけたりしますので。

あとカラオケ機の設定なんですが、普通に歌うときより音は小さめにしたほうがいいと思います。その上で曲の音よりマイクの音を大きく設定するのがお勧めです。エコーはきれいにとるならかけたほうがいいですが、練習するならかけないほうがいいという意見もちらほら。

こんな感じですかね。

ちなみに、さらに滑らかに録音したい場合、一度カラオケ機で無料録音してその再生される曲を空間録音すると、さらに音質はアップする気がしますがちょっとめんどくさいですねww


僕の録音環境はこんな感じです。
もっといい録音方法があるかもしれないので、自分の方法もさがしてくださいね。
まあ、録音してみたいって人は参考にしてもらえれば幸いです。


ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。

テーマ:カラオケ - ジャンル:音楽

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。