カラオケの上達方法がわからない・・・カラオケ初心者でうまい人と行きづらい・・・     こんな僕が少しでもうまくなろうと右往左往しているブログです。
歌い出しが一番肝心かつ難しいと思う

こんばんわ。

夏休みを満喫していたので、ちょっと更新が遅れました(汗)

今回の休みは10連休ということで実家に帰って、奈良、三重、神戸とプチ旅行をしていました。
そのせいでしばらくカラオケには行けてなかったんですが、名古屋に戻ってきて久しぶりにカラオケにいくとテンション上がりまくりで、音がすべてシャープするという謎現象(笑)

やっぱりカラオケは楽しいですね~

さて、今日の内容は「歌い出し」の大切さです。

今まで歌に大切な要素は「音程、リズム、素直な発声」と書き続けてきましたし、これは今でもその通りだと思っています。しかし、これらがしっかりできていても、聴いてくれる人が、聴く態勢(積極的に歌を聴こうとする姿勢)になってくれなければ、本当の意味で歌の良さ、その人の上手さは伝わりません。

では人ってどこで、「あ、この人うまい」ってなるのかというと、僕が思うに歌い出し5秒で決まってしまうように思います。「音程、リズム、素直な発声」というのはその後を持続させるためのものと思ってもらえればいいかもしれません。

僕が思うに、歌い出しで失敗すると、そこで聴き手は集中力を切らしてしまい、後半巻き返すことは困難になります。
逆に、最初ピシッと決まると、自分自身もその後曲に乗れますし、聴き手としてもその続きを期待し、その後多少失敗したとしても、最初の勢いを保ったままいい印象で乗り切れることも多いです。

ここで何が言いたいのかというと、もし自分の良さを本当に出したいのなら「出だしに自分の一番自信のある響きと、ミスしにくい音程、リズムの曲を選曲する」ということが大切だということです。

まず響きについて簡単に解説すると、多くの曲(最近の曲はそれの当てはまらなくなっているような気がしますが)は最初メロから始まります。メロは低めの音域が続くので、まずここで下手な人が歌うと聴き手は「退屈」なのです。ですので、低音が得意でよい響きを持っている人はこの時点で有利とも言えます。(もちろんサビもしっかり歌いきっての話ですが)

例えば低音が魅力的な福山さんの曲で「桜坂」があると思いますが、この曲は確かに低めで歌いやすい。しかし盛り上がる場所が少なく、低音がしっかりコントロールできる人が歌わないとかなり微妙な感じになります。Cメロですこし盛り上がるところがあり、そこだけかっこよく発声できても、メインの低音部分がダメだと結局全体的に見て「退屈」な印象になってしまいます。

逆にいうと、もし高音はすごく得意という人は歌い出しからサビの曲を選択すればよいと思います。出だしで良い印象付けができれば、そのあと得意ではない音域を歌うことになっても、次のサビがあることを聴き手はわかっていますから、期待を持たせたまま歌うことができるように思います。

音程、、リズムに関してはあまりここでは触れませんが、音程を最初からしっかり合わせるには、歌い出し前から最初の一音目の音程を意識し、その音を発声する喉を作っておく(あとは声を出すだけでその音程がでる状態)にしておくことが有効だと思います。もしくは聴こえないレベルで「ン」などで音程を保っておくのもいいかもしれません。

このように、歌は出だしが重要なウェイトを占めていますので、選曲を意識しつつ、歌うときは特に集中して歌い出しましょう。
僕も自分自身苦手なところなので意識しないといけないと思ってます(笑)

今日はこのへんで。
でわでわ。

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック