カラオケの上達方法がわからない・・・カラオケ初心者でうまい人と行きづらい・・・     こんな僕が少しでもうまくなろうと右往左往しているブログです。
カラオケで声がでにくくなったときの対処法

こんばんわ~

先週は一時高熱がでてどうなることかと思いましたがパブロンを飲んで寝ると2日で回復しました(笑)
土日のカラオケには影響なくてよかった・・・

さて、今日は「カラオケで声がでにくくなったときの対処法」の記事でも書こうと思います。

カラオケで長時間歌い続けると、声が出にくくなってくることってありますよね。まず僕の場合は喉がベストの日でもだいたい2時間ぐらい歌っているとちょっと高音がでにくくなってきまして、3時間ぐらいで自分の楽して出せる音域(mid2Eまで)ぐらいしか綺麗にだせなくなります。まあ3時間も歌ってると喉というより全体的な疲労と、モチベーションの低下もありますけど(汗)
特に息漏れの表現を多用していると、すぐに声帯がスカスカになってしまいますね。

これはなぜかというと、結局のところ声帯がうまく閉鎖できなくなってきている、つまり息漏れが進行してきているということです。声帯も筋肉なので、使いすぎるとコントロールができにくくなってくるのです。

そこで僕の場合ですが、ヒトカラ中に定期的にエッジボイスをだしたり、うがいをしたり、と声帯をウォーミングアップさせています。スカスカになりつつある声帯をこれらでちょっと閉鎖してあげると、その直後の歌ではまた勢いを取り戻したように歌うことがでるようになります。また休憩してなにかご飯を食べるというのもいいですね。(ものを飲み込むとき声帯は反射的に閉じますので)

そうやって、定期的に声帯を閉鎖させるようなしぐさをしていると、普段より長く歌えるようになります。ただ、もちろん限度はありますし、一時的には喉が回復したように歌えますが、やりすぎると喉を痛めますので注意が必要です。

ただ、これらの方法って人とカラオケに行っているときには使いづらいですね。だって何も知らない人の前でエッジボイスなんてやっていたら間違いなく変人扱いです(笑)
なのでこれは音源を録るときや長くヒトカラで歌いたいときなどに活用していただければと思います。人とカラオケに行っているときの対処法は、やはり選曲を調整して体力配分を考えるか、聴こえない程度にエッジを出してみるかといったところですかね。

あと余談なんですが、ボイスケアのど飴というものがあるのをご存知ですか。たまにオフ会などで持ってくる人がいて、もらったりします。味は薬用っぽい味がしますが、こころなしか喉に効くような気がしますね(プラシーボ効果かもしれませんが(汗))

のど飴といえば、例のサロンで売っている、「ボイスケアサロン声専用スーパーキャンディ」1個で約500円という超超超高級のど飴があります。一回食べてみたいんですが、だれか持ってないですかね(笑)

上記のボイスケアのど飴との効果の違いは不明です(ちなみにこちら、薬用ではなく普通の食品、つまりお菓子です。)

今日はこのへんで。
でわでわ。

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック