カラオケの上達方法がわからない・・・カラオケ初心者でうまい人と行きづらい・・・     こんな僕が少しでもうまくなろうと右往左往しているブログです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
声はお腹から出す

こんばんわ~

喉の調子もほぼ治って、現在最高の気分でカラオケに行ってます。
やっぱり歌うってきんもちい~(笑)

あと、最近お金の節約と健康を考えてダイエットをしています。
BMI指数でいうと普通体系なんですが、標準体重よりは7~8キロオーバーしてたので・・・(汗)
で、昼と夜のおかずを一品抜くと約500円うくので(朝はもともと食べません)、それを半年続ければ約9万円。それだけあればまた旅行に行けるじゃんって感じ。一石二鳥とはこのことですね。
現在3週間続けてますが、全然苦痛なく3キロやせてます。もちろんカラオケもこのダイエットに一役かってます(笑)

さて、今日はよく耳にする「声はお腹から出す」というフレーズについてちょっと書こうと思います。

昔はよく「声はお腹から出す」というような表現で言われてきました。しかし最近はこれに否定的な意見が多くみられ「声はお腹からはでません。声帯が震えてでるんです」みたいな一種の揚げ足とりなやりとりがされています。(たぶん本気で生物的な観点でお腹から声が出ると思っている人はいないと思うんですけどねぇ・・・)

正直僕にとってそういう言い争いはどうでもよく、うまく歌えるならなんでもいいと思うんです。まあ呼吸法が歌に関係ないと言う人や、腹式ができていない人にうまい人はいないですが・・・(汗)。だいたいは下手な人か、腹式は必要ないといいつつ、歌唱中は無意識に腹式になっている人のどちらかですね。

ただ、一つ言いたいのは間違いなくお腹のコンディションは喉と同じぐらい、もしくはそれ以上大切だと思っています。

人によるかもしれないですが、喉が痛かったり、がらがらの時って確かに歌いにくいとは思うんですが、キーを下げたりするとそれなりには歌えると思うんです(もちろん状態にもよりますが)
しかしですね、たとえば炭酸ジュースを飲みまくって、お腹がパンパンになっているときや、お腹が痛くて腹に力が入らないときってそもそも歌えないと思うんですよ。

僕も経験があるんですが、風邪のとき、喉は大丈夫だったのですが、後鼻漏のため胃に空気が入り、お腹がパンパンのときにカラオケに行くと全然歌えないです。そもそも深い呼吸ができず息が続かないし、お腹に力を入れることができないため声も出ないは、と散々なことがありました。
このとき「声はお腹から出す」という表現はともかく、お腹の重要性を身をもって知りましたね。

時代によって表現は変わってくるかもしれませんが、やはりお腹は歌にとって非常に大切というわけです。

今日はこのへんで。
でわでわ。

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。