カラオケの上達方法がわからない・・・カラオケ初心者でうまい人と行きづらい・・・     こんな僕が少しでもうまくなろうと右往左往しているブログです。
歌は楽しく地道に練習を・・・

こんにちわ!

あっという間にGWが終わりました・・・
今回のGWは休みが分散してしまってちょっと短く感じましたね。
まあ実家に帰っていつものように大阪でカラオケオフに行って楽しんできました(笑)
次の長い連休はお盆までお預けですね。

さて、実は最近長年(ちょっと大げさww)の目標をついに達成しました。
それは・・・

地声で「hiA」をだすということです!!

レベル低っwwて思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、音域的に超低音タイプの自分にとってこのhiAを出せたことは本当に嬉しい限りです。
(もちろん綺麗な発声とはまだまだ言えませんし、一瞬だけですが)

某掲示板にカラオケ音源をアップしたのが4年前で、そのときはギリギリmid2Eぐらいまでしか出ませんでしたからね(汗)
そのときは本当に高音の適性がなくて絶望しかけてましたが、なんとか高音も素人の普通レベルぐらいにはなれたかなといった感じです。

思えばこの4年間は必ず週に2回はカラオケに行って練習してましたし(多い時は会社帰り含めて週5とか)、ボイトレにも約1年半通いました。hiAを出すために練習をしていたというわけではないんですが、やっぱりずっと継続して練習していればいろんなところが伸びてきますね。

自分の音域的にいくらhiAがでても、やっぱり一番いい音色の限界というのはmid2Fぐらいなんですが、そのあたりの高音の持続力や声の密度は昔に比べればはるかに良くなっています。

今はただ、ずっと練習をしてきて良かったと思うばかりです。

そして、やっぱり歌をうまく歌えるようになろうと思ったら年単位で本腰いれて練習をしなければいけないということを実感しました。
最近は一回ボイトレをうけるだけで劇的に良くなるというようなキャッチフレーズをよく見ますが、そんなこと個人的にはありえないと思います。

歌は誰でも日常的に使う「声」を使って奏でるものなので、ピアノとかギターのような楽器より敷居が低く、誰でもすぐ歌えるような錯覚を覚えますが、練習すればするほどその奥深さを知ることになります。
そして行き着くところは基本的な発声を地道に練習することが大切というところです。

だから、ちょっと練習して思い通りに歌えないからといって才能がないと思わず、気長~に練習してみましょう。全く高音の才能がない自分でも一応ながらhiAまで出すことができたので、他の人もある程度のことは地道な練習で解決するはずです。

楽しく地道に練習を・・・これが何よりも大切で、これをできる人が歌の才能のある人なんだと思ってます。

今日はこのへんで。
でわでわ。

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。

コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/04(水) 20:21:54 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック