カラオケの上達方法がわからない・・・カラオケ初心者でうまい人と行きづらい・・・     こんな僕が少しでもうまくなろうと右往左往しているブログです。
音の流れとは

こんばんわ~

夏休みが過ぎてからちょっと忙しくなってきまして、更新が遅れている感じですね(汗)
なんとかカラオケには行けてますが、新しい曲はほとんど覚えれていないので、ちょっと流れを変えないと・・・と思っているところです。

さて、今回は僕がたびたび口にする「音の流れ」について書こうと思います。

よく僕が口にする歌ウマのための要素として響きのコントロールを上げていますが、それと同じぐらい重要なのがこの音の流れです。(大切なことだらけですね・・・(汗))

では音の流れってなに?といいますと、僕のなかでは「音と音または単語と単語の切れ目が滑らかで、つながっているように歌うこと」さらに、「音程を外さないレベルで高低を微妙に変化させて歌うこと」というものです。文章で書くのは少し難しいですが、たとえば井上陽水さんの少年時代という曲があると思いますが、出だしの「夏が過ぎ 風あざみ」というところを見てみます。

いまいちな人が歌うと「な・つ・は・す・ぎ か・ぜ・あ・ざ・み」というようにすべての音を強調してしまい、音が途切れ途切れで聴こえてしまいます。(ここはではちょっと大げさですが)

では、音の流れができている人はどうかというと、「なーつはすーぎー かぜあざみー」というように一息で、すべて延ばし延ばしで音と音がつながっているように歌います。これだけでだいぶ滑らかに歌えるようになり聴きごこちが上がります。

ではさらにうまい人はどう歌うかというと、音の流れだけに注目すると、一つの例ですが「なぁ⤴つ~ぅはす⤵ぅぎ⤴ぃ かぜあ~ぁざぁみ⤵ぃ」のように音と音の間にも細かい音程の変化を加えています。けして一直線には歌っていません。こういう細かいところの音を自分なりにコントロールできるようになっているかどうかで上手さが決まると思います。(あくまでも一例ですよ)

ではどうすればこういう細かい音の流れができるようになるかというと、アカペラで歌うときに、原曲よりも非常にスローなテンポでいいので、自分が音を当てたいところに音を当てながらメロディをなぞるという練習が大切です。この練習はプロの方もやっているようでお勧めです。(僕もお風呂で練習していたりします(笑))

こういう歌の上手い人が行う音の流れはセンスも必要になってくるので一筋縄ではいかないのですが、できるだけ自分なりに意識して歌っていきましょう。(もちろん曲によって一本調子で歌ったほうがいい曲もありますよ)

でもまずは滑らかに歌えることを目標に、多少ボーカロイドっぽくなってもいいので、最低限音と音をつなげて歌えるようにはしていきたいところです。これをするために大切なことは、何度も記事にでてきている「腹式呼吸」ですね(笑)

ちなみにこれはバラードや歌謡曲のようなゆったりした曲だけでなく、JPOPやロックといったテンポの速い曲でも必須です。例えばロックでいうヒーカップ唱法という語尾で一瞬音を上げる方法や、しゃくりやフォールといったものもこの音の流れに含まれます。

音楽はすべて音のつながりによって成り立っているで、どんなジャンルにおいてもこのスキルは必須というわけですね。

今日はこのへんで。
でわでわ。

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。