カラオケの上達方法がわからない・・・カラオケ初心者でうまい人と行きづらい・・・     こんな僕が少しでもうまくなろうと右往左往しているブログです。
キー変更の難しさ

こんばんわ~

もうすぐ台風が来るみたいですね。
あさってぐらいがやまみたいですが、お盆休みに来なくよかったです(笑)
今年のお盆休みは10日とれたので、また旅行にでも行きますかね・・・

さて、今日はあんまりネタがないのでまたキー変更の話でも。

カラオケで「高い曲はキーを下げればいい」、というアドバイスがあります。実際僕も高音はでないので高い曲は下げて歌うことがほとんどです。でも、キーを下げると簡単になるか、というとそれはまた全然違う話になります。

もちろん高音が苦しく無理に歌うぐらいなら下げたほうが自分にとっても、聴き手にとってもいいことはいうまでもありませんが、だからといって曲が簡単になるわけではありません。

キーを下げるということは全体的に音が暗くなりますので、明るい音色で低音部分までしっかり発声できないと曲全体が非常にもっさりします。なので、キーを下げてもうまく聞こえさそうとすると、何度か過去の記事でもかいている、「響きのコントロール」の技術が必須となります。

つまり、キーを下げてもできるだけ原曲の音色(主に明るめの音色)を再現することで、キーが下がっているということを聴き手に感じさせない工夫が必要なのです。

また、キーを下げると、その曲の雰囲気ももちろん変わってきます。なので仮にしっかりすべての音を発声できたとしても、原曲のイメージのまま歌ってしまうと全然合っていないということにもなりかねません。例えば女性曲を男性が歌おうとするとキーをいくら下げるか、どのように歌うかを自分なりに考えないといけませんよね。このあたりは自分独自の工夫とセンスが必要となってきます。

だから、キーを下げる(変更する)というのは、短絡的に見れば歌いやすくするための方法ですが、それを自分なりにしっかり歌おうとすると、ある意味原曲をそのまま歌うよりも難易度が上がることがあるということも覚えておきましょう。
そのかわり練習にはうってつけです。自分のカバーのように歌えたらかっこいいですよ。

今日はこのへんで。
でわでわ。

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。