カラオケの上達方法がわからない・・・カラオケ初心者でうまい人と行きづらい・・・     こんな僕が少しでもうまくなろうと右往左往しているブログです。
息漏れに潜む病気

こんばんわ~

この前の3連休は久しぶりにカラオケのオフ会がありまして、またモチベーションがあがりました。
(まあいつもヒトカラのモチベーションは高いですが(笑))

あと、カラオケも楽しいですが、その後の飲み会もめちゃくちゃ楽しいですね。
なかなか歌とかボイトレに関して深く語りあえる人っていうのは日常にいないですから(笑)

さて、今日は息漏れには怖い病気の可能性があるという記事です。

息漏れ声というと、パッと頭に浮かぶのは、ウィスパーボイスや、ハスキーボイスでしょうか。
ちょっと息が漏れたようなかすれた声・・・こういう声の人はそれだけで個性になりえますのであこがれる人も多いかと思います。人によっては酒でうがいをしてまで無理やりハスキーボイスにしたとか。本当かどうかはさだかではありませんが(汗)

ただ、これとは別に単純に息漏れが激しく、声を強く張れない人がいます。こういう人は特に声量が要求されるカラオケでは注意が必要です。
息漏れが激しいとはどういうことかというと単純に声帯がうまく閉まらない状態のことです。じゃあ閉鎖に必要な筋肉を鍛えればいいというだけなら話は早いのですが、実ははこれ、ひどいと病気の可能性もあります。

病名は「声帯萎縮」です。

声帯がうまく閉じれなくなってしまう症状で、原因はいろいろあるようですが女性より男性に多いのが特徴のようです。

今までそれっぽい人に3人であったことがありますが、声が全体的に弱弱しく、マイクに声があまり乗らない。そして高音は息を強めて無理やり出すので詰まったようになるといった症状です。マイクに声が乗らないので、さらに無理やり声をだしてしまうという悪循環・・・
人によっては日常会話をしているだけでも喉が苦しくなるというような人がいました。

こういう症状の人が無理に声をだしたり、無理なボイトレを長時間すると余計に喉が悪化するので、まず自分の喉がどういう状況かを知るために、音声外来や、耳鼻咽喉科を受診するのもよいかと思います。
ただ、実際に喉の病院に行った人の話を聞いたところ、中にはひどい医者がいたりするらしく、全然解決にならないことも多々あるようですので、病院に行けば必ず解決する、治療法がわかるというものでもないようですね。

また、よく似た症状に反回神経麻痺という病気もあるようです。
こちらは声帯そのものというより、声帯を動かす神経がうまく働かなくなり、結果として声帯が閉まらなくなるというものです。こちらは声帯以外の場所に原因があることも少なくないようですので、上記のような音声外来や、耳鼻咽喉科だけでは解決できないかもしれませんが、診断が下れば別の専門機関を紹介してもらえるようです。

上記に書いたような病気は基本慢性的な息漏れですが、普段はしっかりでていたのに大声で歌っているとあるときから声がかすれたり、出なくなったというような場合、「声帯ポリープ」やそれが悪化した「声帯結節」も考えられます。これらはひどくなると手術が必要だったりします。(僕の小学校の時の講師がこれになっていました)

このように、喉を無理に酷使するといろんなリスクがあります。また、喉がかすれて声がでにくいという人でも、日常生活が困るほどではないので放置して、そのままカラオケに行っている人もいるかもしれません。
心当たりがある人は念のため病院に行くという選択肢もあるということを覚えておきましょう。

ちなみに、こういった症状に関して知識のないボイストレーナーも多く、見分けることすらできない人もいると思います。無理やりボイトレをしてさらに悪化したということも耳にしたことがあるので、十分注意してください。

今日はこのへんで。
でわでわ。

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。