カラオケの上達方法がわからない・・・カラオケ初心者でうまい人と行きづらい・・・     こんな僕が少しでもうまくなろうと右往左往しているブログです。
ブレスの基本

こんにちわ!

最近寒いと思ったらもう11月後半・・・
時間が経つのは早すぎる。

最近は京都でのカラオケオフに行ったり、紅葉を見に香嵐渓に行ったりとなかなかアクティブに動いてます^^

さて、最近ブログに書くネタがあまりないんですが、今回はブレスの基本について書こうと思います。

歌において腹式呼吸が大切だということはもう嫌というほど聞いていると思いますが、実際どうやって実践でその腹式呼吸を使っていくのかということがわからない人は多いと思います。
よくボイトレでは横になってゆっくり息を吐いてお腹がへっこむ呼吸法のが腹式呼吸とかいいますが、でもそれを立って、しかも歌ってる時にどうすればいいの?ってなりますよね。

自分が思うに、歌ってる時にそんなお腹がへっこんでるかどうかとか、そんなこといちいち考えてる人はいないと思います。
それより何か腹式呼吸を意識できる音源などを聴いて、その通りに発声できるように実践で練習していったほうがいいような気がします。
腹式呼吸の発声を練習したうえで上手くなろうというのではなく、うまく歌おうと実践で試行錯誤していたらいつのまにか腹式呼吸の発声ができてたというのが自分の中では理想です。

自分が昔からずっとやっているのは簡単な童謡をなんの装飾もつけず息の強弱を一定にして歌う練習です。
たまたま録音してたら音程が100%とれたこともあって、アップしてみます。

童謡のかごめかごめ
http://www.youtube.com/watch?v=d_1SWE8KapU

参考にしてもらえればいいのですが、
「かごめかごめ」「かごのなかの鳥は」「いついつでやる」「夜明けの晩に」「鶴と亀とすべった」「後ろの正面だあれ」の各「」の中をひとつのフレーズとして、各フレーズの中では全て息を吐く量を一定にして歌い、フレーズの最後で調度息をすべて吐ききるように調節します。そしてすぐ息継ぎをしてまた次のフレーズで同じようにします。

最初は吐く息に言葉を乗せるというような感覚で歌うのがこの練習のコツかもしれません。
仕事で疲れて、ため息と一緒に「ハァー」っていうアレですね ^_^;

もししっかりと腹式呼吸ができていると、フレーズの終わりの方になるにつれてお腹がへっこんでいってるはずです。
また息がしっかりと同じ強さで吐けているなら、声はぶれることなく安定してるはずです。

この練習法は音程を安定させる効果もあります。音程が取れないという人はまずかごめかごめのようなシンプルな曲を安定して音がブレずに歌えるように練習していきましょう。

このかごめかごめという曲はかなりシンプルな曲で、息つぎポイントがしっかりとしていて、ほとんど音程に落差がないため、様々な練習にうってつけだと思います。

童謡は結構歌の基本要素が詰まっていますので、昔を懐かしみながら歌ってみるのも楽しいですよ^^

こんかいはこのへんで。
でわでわ。

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。

テーマ:カラオケ - ジャンル:音楽