カラオケの上達方法がわからない・・・カラオケ初心者でうまい人と行きづらい・・・     こんな僕が少しでもうまくなろうと右往左往しているブログです。
まず地声と裏声のどっちを鍛えるべきか

もう12月中旬とは時間がたつの早すぎますね。
そしてさすがに寒くなってきたのでコタツを装備しました。
体に装備するんじゃなくて、部屋にねww
この寒いときこそ、カラオケで熱唱して体をホットに保ちたいものです。

さて、今日ちょっと僕が書こうと思うことはタイトルの通り、まず歌の練習をするのあたって地声と裏声のどちらを鍛えたほうがいいのかということです。

これはもちろん人によったり、どういう歌い方をしたいかとかによってまったく変わってくると思うんですが、一般的な話をするなら僕は間違いなくまず地声を練習しろといいます。

最近の練習の主流なのか「まず裏声を鍛えろ」とか「まずヘッドを使えるようにすろ」とか、やけに裏声を押すようなサイトやボイトレ方法が紹介されていますね。
これは僕から言わせると、別に間違ってはいません。ある意味では。

というのは、これはある程度必要な地声での発声、呼吸法ができてからの話だと僕は思っています。よくミックス関連の音源を聞いてみるとメロからサビまで全体的にフニャフニャで、歌っているのかささやいているのかすらわからないような音源がけっこうあったりしますが、個人的にはそんな練習しててもまったく上達しない、というか逆に声が張るに張れない変な癖がつくように思います。

地声で楽に歌えるところをしっかり歌えるようにしなくて、最初からそんな無理なところばかりを練習してどうするんだと僕は言いたいですね。もちろん裏声を鍛えるのは大切だと思いますし、バランスよく鍛えるのが一番ですが、順序として裏声ばっかり練習するのは間違ってると思います。

地声で歌うと高いところが出ずにまったく歌えないという人がいますが、そりゃ最初はそうだと思いますよ。初めから歌えればだれも苦労しません。しかし、ここで、もしネットでよく見かけるようにきついところはすぐ裏声に逃げるような歌い方をしていると、ずっとふにゃふにゃな声というようになってしまいます。

じゃあどうすればいいかというのは、僕が過去の記事でもよく書いてますが、まずキーを変えましょう。
最初はギリギリ裏声を使わなくても1曲とおしで歌いきれる(多少張上げてもいいから)ぐらいのキーにあわせて歌いきりましょう。そしてそれを録音を交えて歌いこみましょう。そして、ちょっと昔よりきつくなくなってきたという日が来ると思いますが、そのときはキーを1あげて同じように練習。
この段階では裏声はそこまで鍛える必要はありません。裏声も鍛えておくのがベストですが、「あくまでメインは地声で、地声だけで歌うこと」です。

これを繰り返すことにより、喉の筋肉や体力の配分、声を響かすようなポイント、というのが1曲通しで地声で歌うことによりわかってくるようになります。そして、これらもろもろのコツというか基礎ができてくると、地声だけでも結構なハリのある高音がだせるようになってくると思います。そして、ついにどうあがいても地声だけではサビが歌いきれなくなってきた、という限界に差し掛かったときに、裏声という秘密兵器を使うときがくるのです。

ちなみにこの地声を鍛える練習法だけで、おそらくまったく歌っていなかった状態から、キー3つくらいはあがると思いますよ。自分もそうでしたし、他にもそういう人は結構いました。

もちろんこれはかなりの練習日数がかかると思います。ヘタすると年単位の日数がかかると思いますが、そもそも高音が出せないという人が、そんなすぐすぐに高音がうまく歌えるようになるわけがありません。というか楽に歌えるところすらそんなすぐうまく歌えるようにはならないです。それは録音していらっしゃるかたならわかると思いますが・・・

あとよく地声を鍛えすぎると張上げ癖がつくとかよく言う人がいますが、僕からすればまったくナンセンスな意見です。そうならないように、キーを調節して練習しているのですから。(キーを調節せずどうあがいても無理な音域を地声張上げで歌うのはやめたほうがいいです。)

また、ある程度歌ってると、呼吸法もしっかりしてきて、張上げるか張上げないかというような選択ができるようになってくるのです。この張上げないを選択したとき、かわりに裏声を使った歌唱を取り入れたりしてまた練習するのです。(ちなみに僕は喉を痛めない程度の張上げは全然悪いとは思っていません)

だから裏声を鍛えればすぐ高音がでる!みたいなものは安易に信じないようにしましょう。ああ、そりゃ高音はでますよ、裏声で歌っているのなら。ただその先があるのかどうかはとても疑問です。

最後に、上記の話は単に僕がいいと思っている練習方法なので、別にこれが絶対正しいとか、裏声から練習することが絶対間違っているというつもりはありません。結局みんな喉の状態も理想も違うので練習方法も変わってくると思います。

ただ、僕が一番勘違いしてる人だなと思うのは、「今の日本はミックスボイスの練習方法が遅れている」とか、「ほとんどのボイトレの先生がいうことは間違っている」とか「アメリカでは~」とかのフレーズをつかってる人ですね。じゃあミックスボイスという言葉すらなかった昭和時代はみんな歌が下手で高音でなくて、魅力がなかったのかというと、そうじゃないでしょ。

僕から言わせるとこの裏声をまず鍛えるとか、ミックスボイスありきというのも所詮ただの「流行」の1つにすぎないと思っています。「流行」と自分にとっていいものかどうかはまったく別だということは覚えておいたほうがいいと思います。


ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。


テーマ:カラオケ - ジャンル:音楽