カラオケの上達方法がわからない・・・カラオケ初心者でうまい人と行きづらい・・・     こんな僕が少しでもうまくなろうと右往左往しているブログです。
ボイトレに通った感想

突然寒くなってきました。
一週間前は扇風機をだしていたのに、今はコタツとかなんという温度差。

さて、前々から通っていたボイトレですが約1年3ヶ月通ってついにやめました。一応休校扱いですがたぶん今のところに通うことはないでしょうww
除名されるのを待つだけです。

今日は1年半通ったボイトレについてちょっと語ろうと思います。

よくネットでなにかというと、ボイトレしろ、ボイトレに行け、ボイトレすれば高音でるとか書かれ、いろいろ過剰にボイトレに期待している人がいますが、実際にどうなのか・・・
そういう疑問があり、ついでに友達もボイトレに通ってるということをきいて興味を持ち、僕も通いだしたっていうのが最初です。

あと、僕は高音が出ないので、(歌につかえる音域は推定ですがlowB~mid2G、裏声でhiB、低音はオクタビストレベルに低いところまで歌に使えますww)音域を上に伸ばしたいという動機もありました。ただ、ここはあまり期待していませんでしたがww

まあ感想等をずらずらと書くと、
いろいろトレーニング方法を教えてもらったり、うまく聞こえる方法等を習えたり、先生に発声をみてもらったりしてじかにアドバイスをしてもらえるのはいいですが、月4回、一回1時間で月謝1万5千円を払うことを考えると微妙ですね。

ちなみに、この1時間っていうのは、最初の発声練習(マニュアル通りの声だし)とカウンセリング?を含めているもので実際の練習時間は35分くらいww

まあこれでもボイトレの標準価格くらいでしょうが、高いところになると1回1万円というところもありますからね。ほんと値段がありえない。

どういうレッスンかを一言で言うと、
基本自分の行ったボイトレは個人レッスンでの高音の出し方はずっと「腹式」の練習。それと、地声と裏声をつなぐ練習。団体レッスンもあるんですが、1時間でリズム、フレーズなど各項目の1つを理論を習うんですが、半年で内容がループする内容で、1年過ぎるころには同じ話が3回聞けてしまうという仕様。


まず、個人レッスンではとりあえず高音は腹式呼吸ででるというようなスタンスでお腹から声だせば高音でるよみたいなことを何度も言われました。僕からすれば「ありえませんww」

腹式呼吸についてはまた後に記事で書こうと思いますが、基本的に腹式呼吸で歌うことと高音域を歌えるようになることは直接には関係ありません。断言していいです。

もちろん、声に支えを持たせたり、低音、高音を安定させたりする技術は腹式呼吸あってのものだと思いますが、高さを腹式だけで語られてしまうと低音に特化している僕からすると非常にイラッとします。

そもそも腹式呼吸でしか高音を語れない人は、
先生「腹式呼吸で高音でるよ」→自分「じゃあ先生、炉心融解(最高音hihiC#)を腹式呼吸を使って安定させて歌ってください」→先生「いや、それでも限界はあるから」→自分「じゃあ限界はどうやってわかるんですか?腹式呼吸ができてて、それ以上高音がでないならそれ以上はどうやってだすんですか」→先生「ぐぬぬ」で論破できます。

高音になると腹式呼吸でなくなるとかいう先生もいますが、オレから言わせればナンセンス。じゃああなた自分の限界を超えた高音を腹式呼吸で歌ったら裏返ったり、うわずったりせずに歌えるんですかといいたい。

もちろんそれで高音が出る人がいるのも事実ですが、みんな喉のスペックなんて全然違うのにすべてひとくくりに、腹式で高音がでると言われると、この先生マジかよ・・・って思います。

まあもしかしたら、先生も腹式で自分の限界を超えた高音が出るわけないとうすうすわかりつつも、解決方法がわからないのでそういうしかないという可能性も大いにありますが。

裏声に逃がす練習も途中まではやってましたが、地声っぽいサウンドで高音出したいんですが、と強くいうと、もう腹式一点張り。内心こりゃだめだと思いました。
ちなみに裏声で逃がす歌唱はそこそこできるようになりましたけどね。

まあこういうこともあり、前の記事のように結局ミックスといえど、人によっては出せない歌い方があるんだろうという結論に至ったわけですが。

自分の行ったボイトレほこんな感じで正直レッスンとしてはダメなレベルだと思いましたが、大人数に歌を聞いてもらって感想をもらえる機会が多々あったり、他の生徒と友達になってカラオケにいけたり、ライブにでるという体験ができたりといい面もありました。

しかし、一番よかったのは、月1万5千も払ってるからにはなんとしても上達せねば、というモチベーションアップにつながったことでしょうかww

そのかいもあって、この1年半で自分的にかなり上達したと思いましたがそれはボイトレに行ったおかげか、欠かさず週に2回はヒトカラで練習してたおかげなのかわかりませんww
うん、まあボイトレのおかげもあると思いたい。


結局、いろいろテクニックを習えたり、人の感想をじかに聞けたり、趣味が合う人と知り合えたりといい面もいっぱいありますが、こと「音域」だけはボイトレに行けば必ずしも解決できるわけでなないと思いました。
むしろ自分の望む声での限界を超えた高音はボイトレにいっても厳しいのでは・・・

そして、なにより値段が高い。あの内容で1万5千はないですね。
もし月謝が月5千円くらいなら続けてたかもしれませんが。

レッスン内容も続けてるうちに同じことの繰り返しになり、正直家でもできることなので、一通りボイトレの仕方等を自分の中でつかめたと思ったら、ダラダラ続けないでやめたほうがいいと思いました。
本当にお金に余裕があり、趣味で他の人と馴れ合いたいという人にはいいかもしれませんが。

これからボイトレに行こうとしている人はこのことは頭に入れておいたほうがいいかもです。
ボイトレに行ったからといってうまくなるわけではありません。
結局一番の上達方法はいかに、日ごろ練習するかだということですね。

でわでわ。

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。

テーマ:カラオケ - ジャンル:音楽