カラオケの上達方法がわからない・・・カラオケ初心者でうまい人と行きづらい・・・     こんな僕が少しでもうまくなろうと右往左往しているブログです。
ミックスボイスという言葉について

ふう、最近は雨でじめじめしてあんまり心地よくないですね。
梅雨の時期なのでしょうがないですが、これを超えると次は地獄の暑さが待っているという・・・
もっと春と秋の心地よい気候が続かないものなんですかねえ。

さて、今日はカラオケとか歌について少しでも調べたことがある人なら一度は聞いたことがあると思います「ミックスボイス」等について少し書こうと思います。

ミックスボイスと言うのは一般的には地声と裏声を隔てる換声点を違和感なくまたいでスムーズに高音を出すことができる技術のことをいいます。

ただ、今回は出し方とかを書くつもりはないです。
僕が今言いたいのは、このミックスボイスを含め、この手の高音を出す技術、もしくはその声の種類において、ネットで意味不明な言葉があふれすぎているということです。

僕が知っている中でも、ミックス、ミドル、ヘッド、裏声(ファルセット)、、強化した裏声、息漏れのある裏声、ライトミックス、ハードミックス、小声ミドル、張上げミドル、クロちゃん etc

たぶん探せばもっといろいろあるんじゃないでしょうか。

高音をだす方法について説明しているサイトや掲示板をみてるとこのような言葉がいろいろと飛び交っています。しかしみていると、人によって定義がばらばらなので、会話さえあまり成り立っていないこともしばしば。

例えば弓場さん(声楽の有名な人)は地声(表声)と裏声を鍛えたあと、それを繋ぐ「息漏れのない裏声」を習得するとスムーズに高音がだせるようになる、というようなことを本で書いています。

そして、この息漏れのない裏声って言うのは、巷で有名なロジャーの本で「ミドル」という言葉で語られています。言葉は違えど、意味する声はほとんど同じというこの不思議。

で、次はどこかで「強化した裏声」という単語を発見しましたが、え??これと「息漏れのない裏声」ってどう違うんでしょう、という疑問がわきます。

で、それをひっくるめてミックスとして、さらに人によると「ライトミックス」と「ハードミックス」にわかれるそうです。言葉の如く、弱い発声でのミックスをライトミックス、強い発声でのミックスをハードミックス・・・

え・・・とではその弱い、強いの区切りはどこでつけるのか、そして、それは小声ミドルや強化した裏声や息漏れのない裏声とはどう違うのか・・・と疑問がわきます。

僕が何を言いたいかというと、人によってミックスボイスやミドルボイスに関する定義や使う言葉が全く違うということです。だから人にこういう専門用語を使って説明しても、定義をしっかりしていないと話すらかみ合いません。

もう言葉だけが勝手に独り歩きしている状態ですねww

そもそもこんなにいろんな言葉で声を区切る必要あるの?と僕は思うわけです。
ごちゃごちゃ勝手に専門家?(そうでもない人もいますが)が新しい言葉を作って、それをもとに勝手に自分の見解を言っているだけで、余計ややこしくしてるだけだと思ってます。

僕の中の定義では、地声、換声点を越えた声が裏声、地声と裏声を違和感なくつなげる発声と声がミックスボイスって感じで、これ以上のよくわからない専門用語?はあまり使いませんね。(まあ他の人の話にあわせるために使うときはありますが)使うときは定義をしっかりするように心がけてます。

これらのごちゃごちゃした言葉が余計にミックスボイスを習得したいって人を混乱させると思うんですよね。
よく自分の声が何ボイスか気にする人がいますが、正直そんなこと考えても全く意味がないと僕は思っています。だって人によってその声の種類をあらわす言葉が違うわけですから。

いや、もちろん大まかな区分、スタンダードなチェスト、ミドル、ヘッドのように分けるのは習得過程などをイメージするためにいいかもしれません(僕はこの分け方も好きじゃないんですけどね)
しかしこれらでも、いまいち定義をしっかりしないまま使っている人が多いように思えます。

そこからさらに入り組んでくると、
A「それはミドルだよ」B「いやいや、それはライトミックスだよ」C「たぶん息漏れのある裏声だよ」D「ミドルでもそれは小声ミドルなんじゃないか」・・・と、こんなことになりますww
みんな自分の中の声の種類に対するイメージと定義がばらばらなのでこんなことになるんですね。

だから、自分の声の種類なんか気にするより、その声を自分はどうしたいか、その声をいかしてどう歌っていきたいのかということを考えていくべきです。

ちなみに僕の通ってるボイトレの先生も、うまく聞こえればなんでもいいってういスタンスですww
僕もこの考えには賛成ですね。
結局肝心なのは~ボイスという言葉遊びではなく、歌なんですから。

初心者の人はこういういろいろな言葉に惑わされないようにしましょう。

でわでわ

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。

テーマ:カラオケ - ジャンル:音楽