カラオケの上達方法がわからない・・・カラオケ初心者でうまい人と行きづらい・・・     こんな僕が少しでもうまくなろうと右往左往しているブログです。
精密採点DXとは

最近は寒いせいかあまり喉の調子がよくない・・・
乾燥してるからかなぁ。

さて、この前東京に遊びに行って来たんですが歌舞伎町のシダックスは見事にすべてLIVEDAMでしたww
近所のシダックス頼みますよ、マジでww
入荷予定なしとかもうね f^ ^;


さて、DAM好きのみなさんは知っていると思いますが、今回のLIVEDAMには、精密採点2より進化した「精密採点DX」という採点があります。

これはいったいどうちがうのかを簡単にまとめてみました。
まだ僕もほとんどやったこと無いので攻略とか詳しいことはわからないので申し訳ないですけど・・・

まずどんな採点結果画面かというとなんと2ページあります!↓

DEEN/このまま君だけを奪い去りたい

採点結果1ページ目
このまま君だけを1

採点結果2ページ目
このまま君だけを2


The FIELD OF VIEW/渇いた叫び

採点結果1ページ目
渇いた1

採点結果2ページ目
渇いた2

まずこんなかんじです。
これだけみても採点結果がすごく豪華?になったのがわかると思いますww

もうちょっと詳しく書くと
採点結果1ページ目に「曲名と歌手名」「ログイン名(ログインしないとゲスト)」「点数と全国平均点数」「各項目のグラフ」「機械のくせにえらそうなコメントww」

採点結果2ページ目に「全体音程%とその推移」・新しい項目の「安定度」・表現力の項目ができてそれぞれ「抑揚、しゃくり、フォール、こぶし」・「リズム」・「ロングトーンとビブラートとそのタイプ」「音域」です。

あと、曲の始めに曲の最高音と最低音が鍵盤上で表示され、音程バーでも最高音のところのバーの色が反転して表示されているので、どこが最高音か、最低音かが一目でわかる仕様になっております。

個人的にこれがものすごくいい機能だと思います。
今までならいちいちネットで最高音を調べたりソフトを使わないと、音感がない自分は最高音がどの高さなのかわからなかったのがこれで一目瞭然。かなり手間が省けます。

それと音程バーがビジュアル的にすごくきらきらしてますww
光り方にいろいろパターンがあり、これも採点になんらかの影響がある気がしますね。


さて、この精密採点DXですが、点数をだすコツなどはまだわかりませんが、今のところ僕がわかったことは

・精密2みたいに無理にビブラートをかけなくても点数は出る(少なくとも90点ぐらいは)

・ビブラートをかけなくてもまっすぐ伸ばせばロングトーンの☆(今回は○)は増える。

・音程は前よりさらに厳しくなったが、点数は前以上にでやすくなった。(どちらかというとJOYっぽい)

・ビブラートがかなり検出されやすくなった。

・採点結果に自分の使った音域が表示されるので、キーをさげていい点をとってもばれるww


こんなところですかね。
なんとなく採点がJOYっぽくなったというか表現力の項目が結構重要視されるようになった気がします。
前みたいにまっすぐ歌うだけではあまり点がでないような・・・

とりあえずちょっと遠出をしないとLIVEDAMで歌えないので、歌いこむのはもっと後になりそうです。
ただ、精密採点DXはかなり面白かったのは確か。
点数もですが何気にあのコメントが楽しいww
機械のくせに「部屋全体に響き渡る声ですねww」とか「堂々たる歌いっぷりですねww」とか何で判断してるんだろうww

地元のシダックスよ、早くLIVEDAMを・・・

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。

テーマ:カラオケ - ジャンル:音楽