カラオケの上達方法がわからない・・・カラオケ初心者でうまい人と行きづらい・・・     こんな僕が少しでもうまくなろうと右往左往しているブログです。
精密採点2の攻略 その2

今日は仕事休みキタコレ!!

とりあえず前の精密採点2のレポの続きを書こうと思います。

最重要ポイントのビブラートロングトーンについてです。

「ビブラート」
ビブラートがかかっているかどうかです。
ビブラートもロングトーンも星が0.5刻みで最高が5コ。

まずビブラートって何って人がいると思いますので簡単に言いますと、音を震わせることです。
wikiでは「演奏・歌唱において音を伸ばすとき、その音の見かけの音高を保ちながら、その音の特に高さを揺らすことである。」と書いてます。
まあ最近の歌手のほとんどは少なからず語尾をゆらしたりしてるので意識して聞くとすぐわかると思います。
ちなみに僕はシャ乱Qのつんくのビブラートが好きだったりしますww(古いねorz)

ここの判断基準はいかにビブラートが安定しているかです。
精密採点1は秒数が重要でしたが、精密採点2では秒数は関係ありません。
たとえ、1秒でも安定しているビブラートなら星がいっぱいつきます。
また、歌の途中でビブラートタイプを変えると星があまりつかないという報告もあります(確定ではなさそう)

あ、あと、1秒未満のビブラートも検出はされますが、星はつかないことが多いです。

さて、このビブラートが超重要です。
このビブラートができるかできないかで点数が下手すると10点ぐらいかわってきます。

たとえば↓の写真をみていただきたいのですが、

DEEN/永遠の明日
永遠の明日

音程88%ですが抑揚3、ロングトーンの★が3、ビブラートの★が4.5で89点となっています。

で、次の↓の写真を見ていただきたいのですが、

レミオロメン/粉雪
粉雪

ボビー/炎のたからもの
炎の宝物

それぞれ音程は90%をゆうに超えて抑揚も3以上はありますが、ロングトーン、ビブラートの星がほとんどないので結果的に永遠の明日の点数より下になってしまっています。

つまり音程が90を超えるぐらいになってくると、星がなければ音程%とくらべて点数がかなり減点されてしまうということです。

画像はないですが、前にメリッサを歌って音程90%、ロングトーン★1つ、ビブラートなし、抑揚2ぐらいでは点数が80点だったこともあります。つまり音程と比べて10点も減点されているわけですね。

ちなみに、音程が80%以下ぐらいだと、星がなくてもほとんど減点には影響せず、音程=点数に近くなります。もし星が多ければ音程%+10点ぐらいの加点もありえます。

その例が↓

風雅なおと/千年の独奏歌
千年の独奏歌

こんな感じで、音程%が高くなれば高くなるほど、星を多くとらないと減点されていくということです。

ビブラートの綺麗なかけ方は、といわれると僕は人に教えれる立場も実力もないので他のサイトを参考にしてくださいww
ただ、僕が考えた一つの裏ワザを書きます。

まず、普通にいすに座っておなかに力をいれずに歌います。
ビブラートをかけたいときに「胸」「おなか」あたりの皮膚をつかみます。
皮膚をつかんだ手をそのまま少し強く押し込んで激しく上下にゆらしてください。
するとあら不思議、A-1のビブラートが検出されたはずですww
しかもうまくやればふつうに星4つ以上もでます。

どうしても点数がとりたいひとはこの方法をためしてみてはどうでしょうか。


あと、ビブラートタイプについて。

ビブラートタイプはA-1~A-3、B-1~B-3、C-1~C-3までの9種類あります。
説明はちょっとここでは書きにくいので
DAMステーション
のビブラートとはの項目を参考してください。
表の一番左上がA-1です。右下がC-3です。

タイプによって点数変わるかどうかは定かではありませんが、AよりはCタイプのほうが点数が上がるような気がなくもないですね。ちょっと不明です。


最後に「ロングトーン」
これに僕は悩まされてますorz
僕もこれはかなり運ゲーに近いんですが、実はこの項目はひっかけで、
いかに語尾をすっきりのばして一定に音をだすかではなくて、
いかに長く伸ばすところでビブラートを綺麗にかけるかが判定項目です。


え??
なんでロングトーンなのにビブラート??て思うと思いますが、それは僕に聞かないでくださいww
とにかく、長く伸ばすところを綺麗にビブラートをかけて歌うとロングトーンの星が増えます。
言葉の意味のとおりまっすぐ語尾をのばしてビブラートをかけずに歌った場合、ロングトーンの星は最高3ぐらいです。まあたいていは星1~2で推移します。
だから、結局ビブラートができないとロングトーンの星も伸びないことになります。

まとめると、

ビブラートの項目の判定基準は、いかにビブラートを綺麗にするか。
つまりビブラートの質です。

ロングトーンの項目の判定基準は、いかに伸ばすところでビブラートを綺麗にかけるか。
つまりビブラートをかける場所です。


ビブラートができないと結局ロングトーンも壊滅になり点数オワタwwになる。

以上が精密採点の各項目の説明でした。

さて、ヒトカラいってくるかww


ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。


テーマ:カラオケ - ジャンル:音楽