カラオケの上達方法がわからない・・・カラオケ初心者でうまい人と行きづらい・・・     こんな僕が少しでもうまくなろうと右往左往しているブログです。
DAMとも音源を擬似的にダウンロード方法

こんにちわ!

急に寒くなってきましたね。
2週間前はまではまだまだ余裕だったのに、最近はダウンジャケットと手袋は必須になってきました。
しかも鼻水と咳がでて正直体調があまりよくない感じです。

カラオケに行っても(カラオケに行くなという突っ込みはなしでww)歌ってるときに咳き込む→一曲歌うたびに鼻をかむという状況です^^
年末はまたいろんな人とカラオケに行く予定なので早く体調直さなければ・・・


さて、今日はタイトルの通りDAMとも音源をダウンロードする方法を紹介します。

今更という感じですが、実は最近DAMともの音源が従来の方法(DAMともダウンロードヘルパーとGetASFStreamを利用する方法)ではダウンロードできなくなりました。

ということで、今回は擬似的にダウンロードする方法を紹介します。ちなみに、この方法はDAMとも以外でもいろいろと汎用性があります。

と、もったいぶっているのですが、実は至極単純に、デスクトップ録音→音圧を調整→mp3に変換とやるだけです^^
ちなみにこれはPCでのやり方なので、スマホでのやり方はわかりません(汗)

では早速手順なんですが、

① ALSong というフリーソフトをダウンロードしてインストールします。(自分がこのソフトを使ってるだけでデスクトップ録音できるソフトならなんでもいいです。)インストール時の設定はすべてデフォルトでいいと思います。

②ALSongを起動して起動してきた画面の右上あたりに音楽を再生するプレーヤーがあると思いますが、そこで右クリックします。
すると「録音/語学」という項目があると思いますので、それをクリックします。

③新しい画面が立ち上がってくるので、「録音機能」のなかの「録音設定」をクリックします。
「録音入力」のサウンドカードは普通はステレオミキサー(Realtek High Definition Audio)でOKです。録音項目は「WAVE出力」を選択します。
「録音ボリューム」はここでは特にいじらなくてもいいです。「保存設定」のフォーマットは「WAV」で、「音質」は一番上のCD音質というものを選択します。「保存先」は自分が保存したい場所を選択し、名前は特にいじらなくても大丈夫です。
これで設定は万全です。

④DAMともでダウンロードしたい音源を流すと同時に③の画面の「録音機能」の右のほうにある赤丸のボタンをクリックします。これで今流れている音源を録音できます。
音源が流れ終わったところで■のボタンをクリックします。
「録音が完了しました。」というメッセージが表示されれば③の保存先で指定した場所に音源が保存されているはずです。

⑤ここからは必須ではないのですがこの方法で録音した音源はかなり音量が小さくて声がスカスカになっていることが多いです。そこで少し音源を加工します。

SoundEngine Freeというフリーソフトをダウンロードしてインストールします。インストール時の設定はすべてデフォルトで大丈夫だと思います。

⑦SoundEngine Freeを起動して、立ち上がってきた画面に加工したい④で出力したWAV形式の音源をドラッグします。すると波形が表示されるとともに音源が再生されます。

⑧上のバーに「音量」という項目があるのでクリックします。その中の「オートマキシマイズ」を選択すると自動で音源の音量が調節されます。気に入らない場合は、レベルの値を手動で変更しましょう。-12dBあたりが市販のCDと同じ値だそうです。設定が決まればOkボタンをクリックします。

⑨おまけで「音量」という項目の中の「コンプレッサー」をクリックして、ライブラリーをボーカルあたりにしてOKボタンをクリックします。音が圧縮されて滑らかに聞こえるようになります。

⑩あとは「ファイル」という項目をクリックして保存し、mp3などの形式に変換するだけです。変換手段はいろいろありますが、自分は便利なXMedia Recode を使ってます。簡単な説明は過去の記事の2を参考にしてください。

※ここに書かれている方法はソフトのバージョンなどが変わると操作方法も変わる可能性があるので注意です。

この方法ならデスクトップで再生できる音源ならすべて保存することができます。また音源加工ソフトのSoundEngine Freeは本当に奥が深いので、いろいろいじってみると面白いと思います。

さて、今日はこのへんで。
でわでわ。

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。

テーマ:カラオケ - ジャンル:音楽

カラオケ音源のアップロード

こんにちわ!

すっかり日が暮れるのも早くなりましたね。
近くでコオロギとかの鳴き声がします。

9月は3連休が2回もあるのでいろいろとアクティブに行動できるのがいい^^
ちなみに昨日は友達と伊勢神宮に行って、今日は彼女と滋賀県の海洋堂フィギュアミュージアム、彦根城、ビバシティと回ってきましたww
竜王のアウトレットはちょっと遠いので今回はパスって感じ(汗

しかーし、もちろんヒトカラもサボってないですよ!
毎週2日はだいたい行ってますww


さて、今日はカラオケの音源をアップロードする方法を紹介したいと思います。
音源を録音したのはいいけど、他人に聞いてもらいたいときはどうすればいいの?って人は意外と多いと思います。
パソコンに詳しい人は簡単ですが、そうでない人の方が多いので、簡単と思われる方法を書いてみます。ちなみに自分もこの方法でやってます。

簡単な流れを書くと

1.録音する
2.mp3形式に変換する
3.ファイルをアップロードする
4.アップロードした先のURLをコピーして貼り付ける。


って感じです。以下は各項目の詳細です。

1.携帯でもレコーダーでもデジカメでもいいので、まずは録音してアップロードする音源をつくります。
この時にmp3形式で録音できれば次のmp3形式に変換する作業が省けて楽です(mp3形式で録音する方法は各レコーダーの説明書などを見てください)

2.mp3形式に変換する作業は、録音した音源の拡張子がmp3以外の形式だった場合に必要な作業です。デジカメで動画を撮って、その音源だけを抽出したい場合や、iPhoneで録音した場合などはこの作業が必須です。
変換するツールはいろいろあるんですが、自分が使っているツールは「XMedia Recode」です。
簡単に操作を説明しますと
 Ⅰ.インストールする
 Ⅱ.ソフトを起動する
 Ⅲ.起動してきた最初の画面の「形式」タブのなかにある「形式」を「MP3」に、「ファイル拡張子」を「mp3」にする。その下の「出力方法」を「ファルダに保存」、保存先を任意の保存先にする(Windows7の自分のデスクトップ上に保存したいのなら、C:\Users\***\Desktop\)←***は自分のログインユーザー名
 Ⅳ.mp3形式で保存したいファイルを起動画面にドラッグ。
 Ⅴ.起動画面にドラッグしたファイル名が表示されるので、それをクリックして上の「リストに追加」のボタンを押す。
 Ⅵ.「エンコード」ボタンが押せるようになるので押すとⅢで指定した保存先にmp3形式で保存される。

以上です。
(今回の操作はXMedia Recodeのver3.1.5.8でやってます)

3.アップローダーにmp3形式のファイルをアップします。某掲示板でよく使われているのは「wktk VIP Uploader -10M」ですね。
参照ボタンを押し、アップするmp3形式のファイルを選択。パスワードを必要に応じて設定して「アップロード」ボタンを押します。アップロードが完了した旨のメッセージが表示されたら成功です。

4.「wktk VIP Uploader -10M」のトップページに行くと自分がアップしたファイル名が先頭にあるはずなので、それをクリックする。自分の音源が聴けるので、そのページのURLを聴いてもらいたい人の教える。

アップロードの流れは以上になります。

PCを使い慣れていない人にとっては少しややこしいかもしれませんが、慣れれば簡単な作業です。ぜひマスターしてください。
ちなみにこの方法はほんの一例で、やり方は他にもいろいろあるのであしからずww
YouTubeにアップするという方法もありますしね。

今回はこのへんで。
でわでわ。

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。


テーマ:カラオケ - ジャンル:音楽

初めてライン録音をやってみたお。

またちょっと久しぶりになりました。
9月末に5連休を取って実家に帰ってから今までバタバタとあわただしくてですね・・・

やっぱり実家に帰るといいですね。
実家に僕が使えるパソコンがないのが痛いですが、その分毎日朝から夜まで友達と遊びまくりという。

1日目は大阪でカラオケオフ。参加した人お疲れ様でした。
やっぱり皆さん歌好きだけあってうまかったと思います。

2日目は朝早くから京都の友達の所にGO!
昼は特にやることもないので、徒歩で観光ww
東山駅から知恩院~坂本龍馬と中岡慎太郎の墓~清水寺~川原町をぐるっと歩いて非常に疲れました。
清水寺近くで食べたかき氷がありえない量だったのが印象的ww
でもかなりうまかったです。

坂本龍馬と中岡慎太郎の墓にあった像
龍馬の墓

ラーメン二郎を彷彿とさせるカキ氷
カキ氷

清水寺は昔行った覚えがありましたね、ぐるーっと境内を回って川原町へ。
1年半ぶりでかなり久しぶりな町並み。阪急が潰れて丸井になっていたのが印象的ですた。
夜は串かつをむさぼっていましたww

3日目は朝~昼はまた車で⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーーンと大阪の寝屋川へ。
夕方からは地元の友達とカラオケ&焼肉という王道パターンww
やっぱりカラオケ行くとお腹がすきますね。健康にもよさそうです。

4日目は車で奈良のダイヤモンドシティ→サイカラーメンを回ってそそくさと名古屋に帰りました。
一つだけいいますが、辛めのラーメンが好きな人は奈良のサイカラーメンがかなりおすすめですww
半分あれが食べたいがために奈良に帰ってるようなものですからね(ぇ



とまあ、ちょっと日記風にカラオケとは関係ないこと書きましたが、ここからが本題ですww

実は今まで自分はライン録音にはちょっとだけ興味があったんですが、なんかややこしそうだからということでちょっと敬遠してたんですよ。(一応パソコン関係の仕事をしてますがAV機器とかのことはまったくの無知なんでww)

しかーし、大阪のオフで知り合った人にちょっと教えてもらいまして、この前ヒトカラで試してみたら特にアクシデントもなくできました!
まあレコーダーがよくないらしく、音質はよくないそうですが、音割れがなくなっただけでもだいぶいい感じ。
教えてくれた人マジで感謝!!

で、僕みたいにカラオケでちょっとライン録音をやってみたいけど、やり方がわかんねーって人がいるかもしれないので自分がやった方法を簡単に書いておきます。

まず、ライン録音っていうのは、つまるところカラオケ機とレコーダーをケーブルで繋いで直接音をレコーダーに録音する方法のことをいうんですが、まずレコーダーとそのケーブルがないとどうしようもありません。

ライン録音の場合、レコーダーはそこまでこだわらなくていいという情報です。
もちろん新しい高級なやつのほうがいいらしいですが、自分の会議用の3年前くらいのレコーダーでも一応音割れはせずにできました。

ただ、「マイク」か「ライン」って書かれた穴にケーブル挿さないといけないで、その挿す穴だけはあるかを確認しておかなければいけないと思います。

次に「抵抗入り」のオーディオケーブル?(通称ラインケーブル?)を買いました。電気屋の店員に「ICレコーダーと他の機械をつなげる抵抗入りのケーブル」って聞いたらすぐわかったようです。1.5Mで約850円。エイデンで買いました。

こんなのです。
抵抗ケーブル

あとはこのケーブルをレコーダーの「マイク」か「ライン」と書いてあるところに挿して、もう片方をカラオケ機の裏の「録音」かかれたところに赤白ケーブルをさせばOKです。
自分はライブダムで試しましたが、録音と書かれた穴は機械の裏の左よりのところにありました。

ただ、このカラオケ機の裏に回りこむのが一番の難関で、台が動かせないようなタイプの店だと諦めるしかない場合もありそうです。

ちなみに、レコーダーの「マイク」と書かれたところにケーブルをさす場合は上に書いた「抵抗入り」と書かれたケーブルじゃないと高確率で音割れするらしいです。
自分のレコーダーはこのマイクという穴しかなかったので抵抗入りケーブルしか選択肢がありませんでした。

準備ができたらあとは録音モードにしてマイクで歌えばレコーダーに録音されているはずです。
意外に簡単でしたww

なお、この方法で録音してパソコンに入れると音が小さすぎる場合があります。
そのときは、「MP3Gain」っていうフリーソフトを使うと解決です。

このソフトは音を劣化させずにMP3形式のファイルのボリュームを変えることができるすぐれもので、グーグルで調べればでてきます。使ってみて簡単ですごく便利でした。

これでこれからは音割れ音源はなくなりそうだww
ライン録音教えてくれた人にマジで感謝です^^

今回はこの辺で、でわでわ。


ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。

テーマ:カラオケ - ジャンル:音楽