カラオケの上達方法がわからない・・・カラオケ初心者でうまい人と行きづらい・・・     こんな僕が少しでもうまくなろうと右往左往しているブログです。
ビブラートを習得したい方へ

こんばんわ~

6月だけあってちょっと雨の日が増えてきましたね。
今週末は有給を使ったので3連休なのですが、休み予定の日がほとんど雨でテンションが下がる・・・
まあカラオケにはあんまり関係ないんですが(笑)

今日はビブラートを習得したい人への記事です。もしかしたら過去の記事に似たようなことを書いているかもしれませんが、おさらいもかねてまとめます。

ビブラートといえばカラオケ初心者から中級者を隔てる一種の壁のようなもので、憧れる人も多いかと思います。
カラオケでも、ビブラートがしっかりできている人はなかなかいません。これができるとモテモテ・・・にはならないかもしれませんが、注目されること間違いないでしょう。

まず初めに「ビブラート」というとなにか特殊な技術のように思われるかもしれませんが、言ってしまえば「音程を一定周期に上下させる」だけのものです。こぶしやグインやヒーカップのように裏声への切り替えも必要なく、非常にシンプルなものといえます。

さて、本題に入っていきますが、音程を上下させるのは、「声帯とそこを司る筋肉」です。
そう、結局のところビブラートは声帯のコントロールによって生まれるものなのです。なので、一部ではビブラートの種類には「喉ビブラート」「腹ビブラート」「顎ビブラート」の3種類があると言われますが、「基本は喉ビブラート」(というか言ってしまえばすべて喉が働いて音程が上下しているんですけどね)ということを覚えておきましょう。

それぞれのビブラートの特徴を見ていきます。
※顎ビブラートはちょっと特殊なので、(というかこれをビブラートというのか疑問なので)ここでは割愛します。

まず喉ビブラートですが、これは先ほども言いましたが、声帯をうまく操って、音程を上下させる感覚です。(ここからは僕の感覚の話がでてくるので、人によっては違うかもしれません。)
このタイプのビブラートは声帯を操って行うものなので、言い換えれば、声帯を閉鎖させたり、ゆるめたりをコントロールすることができてくると自然とできるようになってきます。なので、「ビブラートは発声ができてくると自然とできるようになってくる」という意見はあながちウソではありません。発声も声帯のコントロールの習熟度で決まってきますからね。

なので、まずこのビブラートを習得するには結局「喉(声帯)の筋肉を鍛え、声帯を閉鎖する感覚(緩める感覚)をやしなう」という点が重要になります。

さて、これの練習方法ですが、「声帯が閉鎖された(できるだけ息漏れのない状態で)状態で音程をできる限り上下にゆらす」練習をお勧めします。ここで重要なのが「声帯が閉鎖された状態」でというところです。息漏れしているようなスカスカの状態で「あ~↑ あ~↓」とやっていても安定しません。(これはいわゆる腹ビブラート)

発声は息漏れしにくい「イ」や「ウ」のまま、一息で救急車のピーポーピーポーピーポーのような感覚で「音を揺らす」というより「音程を上下させる」というようなイメージで練習してみてください。ここで重要なのは「一息で」というところです。呼吸が乱れると音も安定しないので、「一息」、「できるだけ吐く息の量は一定で」が前提になります。
これができるようになってくると、次は音の角をとっていきます。たぶん最初は一音ずつ強く発声していかないとできなかったと思いますが、これを丸めていくようなイメージですね。(凹凸ではなく、山と谷を行ったり来たりするイメージ)

こんな感じでやっていると、なんとなく「ああ、こういうものか」というものがつかめてくると思います。この感覚さえつかめればあとは、反復練習と声帯のコントロールの習熟度さえ上がれば勝手にできるようになっていきます。
歌中の語尾で最初はわざとらしく練習してみてください。

そして、次の「腹ビブラート」ですが、これは僕の感覚的には息の強弱を使ってビブラートをかける方法です。(人によってなにが腹ビブラートかは解釈が分かれるかもしれません。)たとえば声を出しているときに胸やお腹を押したりひっぱたり、ゆらしたりすると、息がぶれる振動で音程が上下して擬似的なビブラートがかかります。また、息漏れ発声時に声を「あー(弱)、あー(強)、あー(弱)、あー(強)」とすると音程が上下に揺れやすくなりますね。こういうのを僕は腹ビブラートとしてます。(何度もいいますが、これも結局は喉で音程を作っているのですが、感覚的な話)

このビブラートは「喉ビブラート」が完璧にできていれば特に必要ありません。というより、閉鎖ができていない人がまず声帯をコントロールするときの最初に練習するべきものと僕は思っています。僕も最初喉がスカスカで閉鎖ってなにそれ、ってときはこんな感じでお腹を揺らしてみたり、歌の語尾を息の強弱でビブラートをつけていました。

ただ確かにこれはたとえば採点などではビブラートとして検出されるのですが、かなり不安定で、ビブラートの波形などをしっかり一定にすることは困難です。歌としても息漏れ発声で、語尾をちょっと揺らしてフェードアウトさせるにはまだいいかもしれませんが、このビブラートを強調させるとお世辞にも心地よくはならないと思います。

腹ビブラートはビブラートとしての感覚を養うにはいいかもしれませんが、結局スムーズにビブラートをかけるには喉ビブラートは必須です。喉ビブラートができるようになってくれば、このビブラートはほぼ必要なくなるでしょう。

ちなみに僕が得意でよくやるのが、最初に息漏れがない状態でビブラートの波を強調し、徐々に息漏れを増やし音と波をフェードアウトさせていく方法です。ビブラートの波を強調したまま語尾を切ると曲によってはくどくなってしまう恐れがありますので(激しい曲ならこのほうがいいんですけどね)特にバラードなどで、この方法は有効だと思っています。

ビブラートは本当にさまざまな波の作り方があり、歌自体や、場面によって変わってきます。言ってしまえば使い方は無限になるようなものです。この技術は練習すればするほど自在に操れるようになってくると思いますので、自分の表現を増やすためにもぜひ継続して練習していきましょう。

今日はこのへんで。
でわでわ。

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。

ものまねって有効?

おはようございます~

あっという間にGWも最終日ですね。
僕は実家に帰って奈良、京都、滋賀あたりを回ってたんですが、花粉で喉、鼻がやられました(汗)
今もまだ50%ぐらいしか回復しておらずカラオケも全然いけていません。
いやー、奈良の花粉を油断してました・・・(汗)
喉や鼻って一回調子くずすと長引くので気をつけなければ・・・

さて、今日はカラオケでもよくみかけるものまねってどうなのかという記事です。

飲み会後のカラオケでよく物まねとかする人いますよね。うまいと盛り上がって楽しい雰囲気になります。(失敗してもネタにはなるのでそれはそれでOK(笑))
でも今日は、そういうネタで歌うのではなく、歌の真面目な練習として歌手の物まねは有効かということを書いていきます。

まず結論からいうと、カラオケをある程度までてっとり早くうまくなりたいのなら有効。それ以上の自分の個性を確立させる段階に来たら不要、むしろ害になると思ってます。

ものまね練習の醍醐味といえば、その歌手の上手いところを取り込むことで、うまく聞こえるポイントを自分の歌唱に活かしていけるというところです。うまい歌手は人に聴かせるためのいろいろなテクニックをもっています。それらを見よう見まねで覚えていくのはとても練習になります。
僕も当時村下孝蔵さんが大好きでしたので、なんとか同じような感じで歌えないかといろいろと真似しようとしてたことがあります(村下さんはうますぎて、無理でしたけど(汗))

ここで一つものまねを歌の練習にするときのアドバイスですが、特徴を意識しすぎて無理にまねようとしていては失敗します。たまにhydeや河村 隆一の真似をして、聴いてられないってことがあったりしますが、これは発声ができていないのに癖ばかりを際立ててしまって、歌唱が超アンバランスになってしまうためです。(特に響きが十分ではないのに口先だけで癖の真似をやってしまうと残念なことになりやすいです)

基本的にものまねで練習するときは、癖というよりも、響きと音の流れを意識したほうがいいと思います。響きを意識することで、その歌手と似た声質と低音や高音における声質の変化をまねし、音の流れを意識することでフレーズ毎の細かい歌い回しをまねるといったところでしょうか。

ものまねによる歌唱のメリットはこの二つの要素だと思っています。いろんな歌手の癖を練習する過程で、いろんな響きが出せるようになればそれだけ自分の歌唱の幅も広がるというものです。もちろんフレーズの内容も同じ理由です。

ただ、その癖を練習しすぎてそれが自分の癖のようになってしまうとそれはそれで問題がでてきます。
もしある歌手に傾倒していて、ものまねでも全然OKと自分で納得しているのならそれはそれで全然いいと思います。
しかし、あくまでも自分の個性を出していきたいとしたときは弊害がでてくる可能性があります。言われたことがある人もいるかもしれませんが。「○○のものまねだね」と。

ある歌手のまねをしてうまくなった人は、その歌手の歌い方をすればうまいのですが、逆に自分自身の個性ある歌というものを見失いがちになるように思います。うまい歌手のまねをして、自分もうまくなって、多くのテクニックも習得できた、しかしその結果ものまねから抜け出せない・・・これはすごくもったいないことです。

そういう方にお勧めしたいのはそもそも人間が歌っていないボカロの曲を先入観なく歌ってみるとか、今まで歌っていたジャンルとは全然違う歌をフィーリングで歌ってみるとか、今までとは違ったキー、テンポで練習してみる、ということです。つまりお手本がない曲を自分なりに歌ってみるということですね。

できればいままで歌っていた歌唱では全然曲の雰囲気に合わないような曲がおすすめです。最初はかなりぎこちなくなると思いますが、それをしっかり歌えるようになってくれば、自分の歌唱というものが芽吹いてきているのではないでしょうか。

今日はこのへんで。
でわでわ。

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。

こぶしをうまく使えるようになりたい

こんにちわ!

いつの間にやら今年ももうあと一週間ちょっとですね。
歳をとるごとに時間の経つ感覚が短くなるといいますが、子供の時の2倍のスピードで時間が過ぎ去っているような気がします(汗)

原因は歳をとるにつれて新しい経験をしなくなるからといいますが、歌に関してはまだまだ新しい発見がいっぱいあって充実してますよ~(笑)

さて、今年の課題はリズムを意識するということだったと思いますが、毎週違った曲をできるだけリズムを自分でとるように意識することで、一年前より応用が利くようになってきていると実感できています。
来年もここは確実に鍛えていきたいところですね。

そして、それと同時に今練習しているのが「こぶし」です。
正直歌がうまい人に切っても切れないテクニックが「こぶし」だと思っています。
こぶしにもいろいろな種類や細かい呼び方がありますが、今自分が目指しているのは元ちとせさんとか中孝介さんのように、一瞬裏返すような歌い方、もしくはきよしさんみたいに、一瞬違う音を加えるような歌い方ですね。

これがなかなか難しいです。
まず狙ったところで一瞬裏返すのが難しいですし、裏返ったあと戻すところをスムーズにできないと、後の音程が外れたり本当に裏返ったままになってしまいます。

まあ最近は練習のかいもあってかちょっとずつコツはわかってきたような気がします。
まずその一瞬裏返すポイントで何より大切なのが「脱力」して歌うこと。
意外と気づきにくいポイントだったのが、アカペラでふにゃふにゃ歌っているときは意外とこぶしがかけやすいのに、カラオケで歌うとうまくいかないということです。
これは、カラオケでは最低限声を張って歌わないとマイクに音が乗らないので、どうしても少々強めに歌ってしまうことが原因でした。
こぶしのうまい人の歌唱をみていても、ほとんど力みが感じられない(マイクや機器の感度がすごくよい状態)ので、まずは脱力が練習のポイントだと思っています。

次はこぶしをかける場所は前もって覚えておいたほうがいいということ。
うまい人はアドリブでもかけるのでしょうが、まだ練習中の人は、こぶしをかけるポイントを覚えておき、そのポイントでこぶしのかけやすい発声(最低でもそこだけは脱力状態)に移行するといった工夫が必要だと思いました。

そしてこぶしをかけるポイントは、個人的に「う」段、もしくは「お」段で音が上がるポイントが練習に適しているように思います。
これらの母音で音程が上がるときに一瞬声が裏声になるポイントに音をかすらせて、すぐ戻すという感じですかね。(感覚の問題なので書きづらいですが・・・)

もしこぶしを外さず自然にできるようになれば、ほぼ確実にカラオケで注目されます。(普通のカラオケでそんなことできる人いませんので)
また、演歌などの道も開けて、さらなる曲にもチャレンジしていけるので、もし時間がある人はちょっと練習してみるのもいいかもしれません。

僕はもともとこういう歌い方がすきなので、これからもどんどん練習していきますよ~(笑)

今日はこのへんで、よいお年を。

でわでわ。

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。