カラオケの上達方法がわからない・・・カラオケ初心者でうまい人と行きづらい・・・     こんな僕が少しでもうまくなろうと右往左往しているブログです。
歌におけるボイトレの意義

こんにちわ!

お久しぶりです、もうすぐ4月ですね。
近場のシダックスが潰れて早2ヶ月・・・カラオケ店をいろいろ試したりしてなんとか行き着けの店が見つかりました。それは・・・またシダックスです(笑)

近場にジャンカラとかコートダジュールがあったんですが、ジャンカラは僕の好きな普通のライブダムが置いていない、コートダジュールは土日のフリータイムはヒトカラで不可能・・・となかなか都合のいい店がなく、結局上記の条件が満たせるちょっと遠くのシダックスに落ち着きました(笑)

さて、最近仕事も若干落ち着いてきて、空いた時間でボイトレの記事とかtwitterのつぶやきとかを見てるんですが、相変わらずカオスだなぁと思ってしまいます。たぶんいきつくところは「歌がうまくなりたい」ってところだと思うのですが、その過程の練習方法が千差万別で(似ているものはあれど完全に一致はないのではないのでしょうか)ボイトレの業者ないし先生同士がレッスン方法について争ってたり、否定しあってたりしますからね。
たぶん歌初心者やこれからボイトレをしてみようっていう人にとって非常によろしくないんじゃないかと思います。

そこでちょっと僕のボイトレ観を書こうと思います。

まず大前提として、ボイトレはあくまでボイトレで、ボイトレだけしてても歌はうまくなりません。これは間違いなくそうだと思っています。ボイトレマニアとか、ボイトレ戦士とかいう言葉があったりしますが、ボイトレにのめりこむほどジリ貧になって上達しません。(歌が上手くなるという定義が難しいのですが、とりあえずJPOPでカラオケにいってうめーっと絶賛されるレベルを想定します)

ボイトレは運動に置き換えればラジオ体操のようなもので、準備運動や、ウォーミングアップのようなものです。それだけやってても歌がうまくなるわけではありません。また、ボイトレをすればどんな人でもどんな声、音域も自由になるような雰囲気があったりしますが、そんなことは断じてありません。

ボイトレに崇高な理念を掲げている人には申し訳ありませんが、ボイトレはあくまでその程度のものです(言い方が悪いですが。)メソッドに違いはあれど、この前提に違いはありません。

さて、じゃあ上手い人はどうしているのかというと、ボイトレはほどほどにして(というか、してない人もいるんじゃないかな)好きな曲を繰り返し聴いて、繰り返し歌う。録音して聴いて改善する。それだけだと思います。(付け加えるなら、自分自身の音域と声質の特性を理解して、自分に合う曲を歌う。)そうすることで歌うための筋肉と耳が鍛えられていき、結果上達します。

結局ボイトレをいくらしても、歌いまくらないと上手くなりません。またいくらボイトレでいい声をだせたとしても、歌わなければ歌に応用することはできません。
僕のよく行くカラオケの仲間うちでも、(某掲示板とはまた別の)、ボイトレをいっぱいしているはずの人より、好きなアーティストを歌いまくってますっていう人のほうが明らかにうまいです。というか、ボイトレにのめり込んだ人で劇的にうまくなったという人を僕は見たことがありません。

ここまでで何がいいたいかというと、ボイトレに過度の期待をするのはやめたほうがいいということです。
ウォーミングアップのためにボイトレをするのは全然いいと思いますしやったほうがいいのでしょうが、それ以上にしっかり歌って練習しましょう。
また、カラオケで歌うと下手になるとか、発声がしっかりしないうちは歌わないほうがいいとか、プロはそんなことしないとか、謎の理屈を書いている人もいますが、断じて否定します。

上記のことを逆に言いかえると、「カラオケ等で歌いまくって上手くならない人はボイトレしても上手くなりません」ということも言えます。(たぶん、実はうすうす気づいている人も多いとは思いますが、あえて厳しいことを書きました。あまり綺麗ごとばかり書くのもどうかと思うので)

なぜ上手くならないのか、というところは深く追求する必要はありますが、大体はボイトレがどうのこうのというより、選曲や音域についての問題、しいては自身のメンタルの問題が多い気がします。このメンタルの問題というはまた時間のあるときに記事で書きたいところですが・・・

(ただ、誤解しないでほしいのは、僕は誰でも方法を間違えなければ「特定のジャンル、特定の音域において」の範囲内であれば上手く歌えるようになると思っています。(ただし致命的に音がとれないとかリズムがとれないというのはちょっと別の話とします))

なので、これからボイトレをしたいっていう人はとりあえず上記のことを念頭において、あまり深くのめりこまないようにしましょう。もしボイトレオリンピックとかがある世界で、そこの選手になるというのならボイトレだけを練習するのもいいと思いますが、今の世界にそんなものはありません。
たぶん大多数の人はボイトレがうまくなることではなく、歌が上手くなりたいと思っているはずですので・・・

究極的に言えば歌とボイトレはそもそも別の種目と考えたほうが吉です。誤解がある言い方かもしれませんが、声を出すという土台は同じでも向かう方向は違っているようなものです。歌が上手くなりたいのなら、今すぐにでも歌いましょう。歌えば歌うほど気づくことも多いと思うので。

今日はこのへんで
でわでわ。

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。

新年早々、近場のシダックス閉店・・・

こんばんわ~
あけましておめでとうございます。

2017年がやってきました。早速元旦から友達とカラオケに行きまして、今年も好調なスタートです(笑)
初詣で恒例のおみくじを引くと、小吉・・・ぼちぼちでした。

しかししかし、新年早々に大凶レベルのことが起こりまして・・・(汗)

なんと、8年間毎週通っていた、近場のシダックスが閉店することになりました!(汗汗)

ここしばらくシダックスが大量に閉店していっているのを聞いてヤバイとは思っていたのですが、ついにこのときがきてしまったかという感じです。

普通の人ならカラオケ店が1つ潰れたぐらいじゃ、「ふーん、じゃあ別の店に行こ」ぐらいだと思いますが、さすがに8年間毎週、しかもほとんど同じ部屋(部屋指定で予約していたので(笑))で歌っていたので、なんだか自分のお気に入りの別荘がなくなってしまった気分でテンション下がりまくりです。

今日で閉店ということだったので、この土日はもちろん歌ってきました。
思えばこのシダックスがあったから、ここまで歌が上達したのかなぁ、と歌いながらしみじみ・・・
あの頃は、こんな歌歌ってたなぁなんて思いがこみあげてきます(大げさですが(笑))

立地的にも家から自転車で数分のところだったのですが、ここがなくなるとなると電車で一駅行かないとカラオケ店がないのもちょっと辛いところです。
まあ定期があるので電車賃はかからないんですが、歌いやすい環境の店なのかというところが心配ですね。

まあとりあえず、新年しょっぱなからヒトカラ難民になってしまいましたが、新しいHOMEを見つけて今年も歌っていきますよー。
みんなもがんばりましょう。

最後に、シダックスさん今までありがとうございました。

シダックス2

シダックス1

今日はこのへんで。
でわでわ。

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。

こぶしをうまく使えるようになりたい

こんにちわ!

いつの間にやら今年ももうあと一週間ちょっとですね。
歳をとるごとに時間の経つ感覚が短くなるといいますが、子供の時の2倍のスピードで時間が過ぎ去っているような気がします(汗)

原因は歳をとるにつれて新しい経験をしなくなるからといいますが、歌に関してはまだまだ新しい発見がいっぱいあって充実してますよ~(笑)

さて、今年の課題はリズムを意識するということだったと思いますが、毎週違った曲をできるだけリズムを自分でとるように意識することで、一年前より応用が利くようになってきていると実感できています。
来年もここは確実に鍛えていきたいところですね。

そして、それと同時に今練習しているのが「こぶし」です。
正直歌がうまい人に切っても切れないテクニックが「こぶし」だと思っています。
こぶしにもいろいろな種類や細かい呼び方がありますが、今自分が目指しているのは元ちとせさんとか中孝介さんのように、一瞬裏返すような歌い方、もしくはきよしさんみたいに、一瞬違う音を加えるような歌い方ですね。

これがなかなか難しいです。
まず狙ったところで一瞬裏返すのが難しいですし、裏返ったあと戻すところをスムーズにできないと、後の音程が外れたり本当に裏返ったままになってしまいます。

まあ最近は練習のかいもあってかちょっとずつコツはわかってきたような気がします。
まずその一瞬裏返すポイントで何より大切なのが「脱力」して歌うこと。
意外と気づきにくいポイントだったのが、アカペラでふにゃふにゃ歌っているときは意外とこぶしがかけやすいのに、カラオケで歌うとうまくいかないということです。
これは、カラオケでは最低限声を張って歌わないとマイクに音が乗らないので、どうしても少々強めに歌ってしまうことが原因でした。
こぶしのうまい人の歌唱をみていても、ほとんど力みが感じられない(マイクや機器の感度がすごくよい状態)ので、まずは脱力が練習のポイントだと思っています。

次はこぶしをかける場所は前もって覚えておいたほうがいいということ。
うまい人はアドリブでもかけるのでしょうが、まだ練習中の人は、こぶしをかけるポイントを覚えておき、そのポイントでこぶしのかけやすい発声(最低でもそこだけは脱力状態)に移行するといった工夫が必要だと思いました。

そしてこぶしをかけるポイントは、個人的に「う」段、もしくは「お」段で音が上がるポイントが練習に適しているように思います。
これらの母音で音程が上がるときに一瞬声が裏声になるポイントに音をかすらせて、すぐ戻すという感じですかね。(感覚の問題なので書きづらいですが・・・)

もしこぶしを外さず自然にできるようになれば、ほぼ確実にカラオケで注目されます。(普通のカラオケでそんなことできる人いませんので)
また、演歌などの道も開けて、さらなる曲にもチャレンジしていけるので、もし時間がある人はちょっと練習してみるのもいいかもしれません。

僕はもともとこういう歌い方がすきなので、これからもどんどん練習していきますよ~(笑)

今日はこのへんで、よいお年を。

でわでわ。

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。