カラオケの上達方法がわからない・・・カラオケ初心者でうまい人と行きづらい・・・     こんな僕が少しでもうまくなろうと右往左往しているブログです。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レアな曲タイトル画面

こんにちわ~

やっと暖かくなってきましたね。
移動手段が基本クロスバイクの自分からするとうれしい限りです。
ただ、最近花粉のせいで目がかゆいという問題がでてきましたが・・・(汗)

さて、カラオケですがもちろん時間を見つけては必ず週に一回は行っています(笑)

それでいろいろな曲を新しく覚えては歌っているのですが、ここで小ネタをひとつ。実は曲によって「その曲オリジナルのタイトル画面」があるのをご存知でしょうか。
(ここでいうタイトル画面とは、曲が流れる前の曲名と作詞作曲者が大きく画面に表示される画面のことです)

DAMで自分がざっと見つけたのが、↓な感じです。他にもいくらかあった気がしますがとりあえず3つ。

斉藤和義さんの「空に星が綺麗」 
空に星が綺麗

なんか星がきらきらしています(笑)


GOING UNDER GROUNDの「グラフティー」
グラフティ

曲名の横に謎の少年がいます(笑)


ムック(MUCC)の「モノクロの景色」
モノクロの景色

曲名の意味どおり、画面や曲名の色がモノクロになっています(笑)


いろいろな曲を歌っていると、たまにこういうレアな画面に遭遇するのが結構面白かったりします。
製作者の遊び心が反映されていて、こっちも楽しくなってきますね。

こういう小ネタも探しながらカラオケをすると、また違った面白さがあるように思うのは僕だけですかね~

今日はこのへんで。
でわでわ。

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。


スポンサーサイト
低い声をお持ちの人へ

こんにちわ。

2018年が始まりましたね。
今回の年末年始は11連休でかなり余裕があったので、大阪、白浜、と観光してました。
恒例?の元旦カラオケも友達と行っていいスタートが切れたと思います(笑)
今年もカラオケ頑張っていきますよ~

さて、今日は低い声を持つ人への記事になります

僕は今までいろんなところで、自分の音域に合う曲を探しましょう、自分のキーで歌えばいい、と言ってきてます。・・・が、そうはいっても声が低い人はカラオケでは苦労します。

これは僕も体験してきましたが、間違いないです。なぜかというと、最近の人気のある曲のほとんどの最高音はhiA以上で占められているからです。たまにmid2Gぐらいの曲もありますが、全体的なキーが高めだと声が低い人は途中で力尽きます。

僕は今でこそやっとキーを下げてそれなりに雰囲気を壊さず歌えるようになりましたが、まだ歌いなれていない人はキーを下げるとお経になったり、音がとれないということもあるかと思います。このように物理的に音がでないというのはやはりきついです。

いかにも声の高いボイトレの先生とかが、いい低音してるとか、自分のキーで歌えばいいとさらっという人がいますが、さらっといってくれるほど簡単ではないと思っています。

また、一人で歌うときにはキー調節して歌えばいいかもしれませんが、人と一緒に歌う場合、相手に合わすとキーが合わず、上手く歌えないという問題もあります。

このようにカラオケではさまざまな受難にさいなまれる低音の人々ですが、ネガティブになっても仕方がないので長所を見ていきましょう。
僕が思うに低音の声も見方を変えればあながち捨てたものじゃないですよ。

まず、低音が得意な人は必然と喉が強いので、地声を引っ張れる音域までならミックスとかミドルとかめんどくさいことを考えず力強く響かせて歌えるようになる。また意外かもしれませんが裏声は得意な人が多いということ。

また、普通の人で低音を響かせて出せる人は少ないので、カラオケで「そういう曲」を歌えば注目(ネタに)される。うまければなおいいですが、響く低音が出せるだけで、「声低っ(笑)」「いい声」みたいに話題をとれます。

これ意外と気づいていない人が多いですが、声が低い人は低音がでるのが当たり前で、周りも当然それぐらいでるだろうと思いがちですが、普通の人はlow域ってまともにでません。出せてもかすれ声とかで、響かせて出せるのは低音が得意な人の特権です。

そして、低音で歌う人が少ないということは、その低音をうまく歌に使えるようになれば「他人とかぶることがない歌声」に進化できます。これは非常に強い個性になります。そりゃ、今の音楽の流れ的に高音曲がもてはやされている(売れる)時代ですが、カラオケで人にうまいと言ってもらえるには、流れもなにもありませんからね。

このように、低音の喉をもって生まれてきた人は確かに普通の人よりも多く練習をしなければならず、上達も遅いかもしれませんが、練習を重ねれば唯一無二の声を手に入れることができる可能性もあるということです。ちょっとずつ上達していくその道のりを楽しみながら練習するぐらいの心をもてば、逆に楽しくなっていくと思いますよ。

ちなみに個人的に練習に適しているJPOPアーティストとしては、福山さん(鉄板)、コブクロの黒田さんメインの曲(福山さんよりちょっと上の音域に)あたりがおすすめです。まあ今となってはちょっと一昔の歌手になりつつありますが、いい曲は多いと思いますし、練習と割り切ってでも歌ってみてはいかがでしょうか。

最後に・・・低音の歌手もっとでてきてください(汗)

今日はこのへんで。
でわでわ。

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。

カラオケ楽しんでますか~

こんにちわ~

月日がたつのは早いですね。いつの間にかもう12月という(汗)

こちらとしては、10月中旬で一旦忙しさは過ぎ去ったと思いきや、年末ということでまた忙しさを取り戻しつつあるという感じです。
またまた曲覚えが滞ってる感じですね・・・
まあこの暇だった約1ヶ月半で10曲はある程度覚えれたのでよしとしてます(笑)

さて今日は特にネタはないのでただの雑記ですが、皆さん今更ながらカラオケ楽しんでますか?

たぶんこのブログを見に来る人って、歌とかカラオケに興味がある人がほとんどだと思うんですが、今一度その人たちに問いたいです。

たまにというか、実は結構いるように思うんですが、最初は歌うことが楽しくてたまらなかったはずなのに、なぜかどんどんうまく歌うことに対して神経質になり、やさぐれていく人が。

特に某掲示板などはちょっとでもへんなところがあると好みのレベルでもいちゃもんをつけられて否定されることが多々あるので、耐性のない人にとってはそれを真にうけてちょっとずつ気持ちに陰りがでてくるのではないかと思ったりしています。

でもね~、趣味でやっている以上楽しんだもの勝ちなのですよ!!

少し僕の話になりますが、9年前、カラオケ行き始めのころは発声とか自分にあった曲とか関係なく好きな歌を適当に歌ってました。カラオケに行き始めたころはシフト制の仕事をしていたのですが、遅番で23:00に家に帰った後から車で30分飛ばしたところのカラオケに通ったりもしてました(田舎なので)。
昼の仕事に移ってからは週5でヒトカラに通ったりもしてましたね。あの頃は若かったです(笑)

でも少しずつうまくなってくると、ちょっとした音程やリズムのずれ、発声のミスが気になったりして、ちょっとでもミスるとデンモクの「停止」の繰り返し。
これはこれで突き詰めていくような感覚は楽しいのですが、純粋に楽しめていたのは最初のころかなって思っています。

今は毎週違う曲を覚えて、カラオケで歌って覚えて、ある程度覚えたら次週違う曲を探して~をくりかえしてます。正直音程とかリズムとか、細かいところは自分が歌いたいように歌ってます。しっかりと覚えるのはガチで好きって曲か、初対面の人と行くときに歌おうかなと思ってる数曲ぐらいですね。
(それでも普段歌ってないと忘れてて、いざ歌うとアウアウになったり(汗))

曲一曲をしっかり覚えないのは、曲へのリスペクトが足りないというような人もいますが、僕としてこのサイクルは毎週いろんな曲が覚えれて楽しいし、いろんな発声が試せるので充実しています。

結局楽しめないと続けることはできないですし、続けることができないということは、うまくなることはない・・・。ということは、どうやって自分のモチベーションを上げるために、楽しむことができるように持っていくか。これが実は大切なように思います。
このあたりはやっぱりメンタルの問題ですね。よく歌はメンタルが大切といわれますが、こういう面もあると思います。

なので、技術的なことももちろん大切なのですが、その根底にはやっぱり楽しく歌うというところがあるのではないかと思います。
うまくならなくて歌うのから遠ざかっている人は、なんでもいいから好きな曲歌って初心の気持ちを思い出して楽しんでみましょう。すっきりすると思いますよ。

今日はこのへんで。
でわでわ。

ブログランキングに参加しますた。
よろしくね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。